せどりに出会って、すべてが変わりました。

 

着色5

 

着色6

 

 

 

改めまして、はやてです!

 

こんにちは。はやてです。

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。

 

ゲームせどりをメインにして、サラリーマン時代にずっと思い描いていた

 

◎家族との時間・自分が大切と思える時間をメインに

◎その隙間時間に稼ぐ

 

という生活を送っています。

 

また、自分で培ったゲームせどりのノウハウを伝えるコンサルタントとしても活動をしています。

 

 

今でこそ、ずっと思い描いていた生活を送っている僕ですが、

ほんの少し前までは普通のサラリーマンだったんです。

 

せどりによってライフスタイル・生き方まで変わったわけですが、それはほんの少しのきっかけでした。

 

ここでは僕がせどりに出会って月収120万円になるまでの、

これまで歩んできた道をお話しさせていただきたいと思います(^_^)/

 

 

 

 

1

 

全国魅力度ランキングでも、ほぼ最下位の片田舎で生まれ育ちました。

 

見渡すかぎり畑や田んぼといった環境です。

 

basketball

僕の年代にはありがちだと思うんですが、小学生のときに

当時少年ジャンプで連載していた「スラムダンク」に憧れてバスケットを始めました。

 

まさに、バスケットにどっぷりはまっていた少年時代でした。

 

 

中学校に入学してからも、もちろんバスケ部に入部したんですが、

練習時間はかなり長くやっていて夜の9時過ぎまで毎日やっていたんです!

 

練習が終わった後には、コートから立ち上がれない(汗

そんな感じでかなり絞られていました。

 

家に帰ったら、ご飯をかき込んで、お風呂に入って、宿題をして寝るだけ

そんな生活を3年間過ごしました。

 

当時はそれが普通だと思っていたんですが、今考えるとかなりハードな生活ですよね^^;

 

 

2

 

そんな部活漬けの生活ですので、家で勉強をする時間と余裕なんてほとんどありません。

 

でも成績が下がるとバスケ部の顧問の先生からはこっぴどく怒られる、、、

そんな状況で考えたのが「効率的に勉強をする」ってことでした。

 

 

普段の生活で勉強ができないなら、pen

 

・授業中に全部覚える!

・テスト期間前の部活が休みの日に集中してやる!

 

今考えると、自分の「効率的に物事を進める」「オン・オフの切り替え」というバックボーンが

ここで培われたと思います。

 

 

と、ずっとこんな生活を過ごしていましたので必然的にバスケは上達していったんです。

 

3年生の頃には部長となり、さらに県選抜メンバーにも選出され県の代表として大きな大会も経験しまし、

勉強のほうもバスケ部顧問の先生のプレッシャーもありなんとか上位をキープできました。

 

 

 

3

 

真面目な中学校時代を過ごしたこともあり、ずっと憧れていた高校に進学することができました。

 

地区の中では、進学校でありバスケも強いという自分の理想とする高校です。sakura

 

かなり舞い上がり、よしやってやるぞ!とウキウキの高校生活のスタートでした。

 

 

 

ですが、ここで人生初の挫折を味わいます^^;

 

まず、進学校ということで周りは頭の良いヤツらばっかりで成績は下のほうをウロチョロです。

 

バスケのほうも、各中学校のすごいヤツらが集まっていましたので

なかなかレギュラーを掴むことができませんでした。

 

それまで思いあがっていたので、かなりのショックでした。

 

どうがんばっても勝てないヤツはいるということを知って、すこ~し腐っていた時期もありました。

 

ですが、やっぱり好きなバスケだけには真摯に打ち込み、

最後の大会ではレギュラーを掴み県ベスト4まで進むことができ、高校生活を終了しました。

 

 

 

4

 

バスケに打ち込んだ半面、勉強はまったくで、、、受けた大学はすべて不合格^^;

 

そんなわけで浪人生活がスタートしました。

 

 

しかも田舎すぎて近くに良い予備校もなく、東京へ上京して寮生活をしながらの浪人生活でした。

 

親元を離れてはじめての一人暮らしのスタートです。

 

 

浪人生活をスタートするにあたって、

第一志望の大学に進学する!と心に決めて、遊びの要素はすべて排除しました。

 

ゲームもCDも携帯電話さえも処分して、勉強だけに集中しました。

 

夜1時まで勉強をして、朝5時には起きてまた勉強といった1年間でしたね^^;

 

 

ですが、その甲斐もあって浪人生活スタート時には偏差値40ほどだったのが、goukaku

最終的には偏差値60くらいまでアップしました。

 

希望していた大学にも晴れて合格でき、

「がむしゃらに努力をすれば夢は叶う!」を人生で初めて経験することができました。

 

 

 

5

 

自分で学費と生活費を稼がなければならないという状況でしたので、

かなりの数のバイトを掛け持ちました。

 

ステーキ店のシェフ・引っ越し業者のアルバイト・工事現場の職人・倉庫の仕分け、、、

この時代にかなり濃い社会経験を積ませてもらいました。

 

 

大学の授業と並行してのバイトだったのですが、

小さい頃からの「鉄道員になりたい」という夢はずっと持ち続け、

少ない睡眠時間でも大学には真面目に通っていました。densha

 

と言うのも、実は僕の父も祖父も鉄道員という鉄道ファミリーだったんです。

 

幼い頃から父の背中を見続けて「自分も鉄道員になりたい!」とずっと夢見ていました。

 

「プロ野球選手になりたい」とか「医者になりたい」といったことと一緒で

僕の夢は「鉄道員になること」だったんです。

 

 

 

ですが、、

 

6

 

就職活動の結果は大学時代にバイトに明け暮れていたこともあり、

ずっと夢だった鉄道会社への採用試験はすべて失敗してしまいました。

 

そんなに現実は甘くないということをよ~く思い知らさせれました^^;

 

 

それでも、鉄道に関わる仕事をしたいという思いは捨てきれず、鉄道関連会社へ入社することに決めました。

 

つまり、鉄道会社の下請けといった会社です。

(具体的には、新幹線の設備を保守する施工会社といった感じです。)

 

 

妥協して入った会社でしたが、入社後はかなりがむしゃらに仕事に取り組みました。

もちろんスキルも知識も0からのスタートですので、作業量と残業でそれをカバーの日々です。

 

 

 

7

book

 

新幹線設備の保守・工事って、いつのタイミングでやるかと言うと、

「最終電車が通過した後」と決まっています。

 

つまり、作業がスタートするのは真夜中なんです。

 

夜中の1時から作業を始めて、すべての作業が終わるのが朝の7時なんてこともよくありました^^;

 

その仕事が終わってからは、

昼間は工事の打ち合わせ・書類作成など、、、

やらなければならない仕事はたっぷりとあったので、

少しだけ仮眠をとってからまた夜中の作業がスタートといった感じの毎日でした。

 

昼も夜も無いような感じでしたので「いつでも・どこでも寝れるスキル」を身に付けました(笑

 

 

さらに担当の工事が増えていくと、ほとんど家に帰れないような状況になっていき、

最長で事務所に40日間も寝泊まりして仕事をこなしていたなんて時期もあります。

 

プライベートなんてまったく無いような日々でしたね^^;

 

 

当時は独身でしたのでまだ我慢できましたが、妻子持ちの先輩方も同じような生活をしていましたので、

こんな人生をずっと過ごしていくのかと考えると、、、本当に憂鬱になりました。

 

 

 

8

 

忙しいながらも、鉄道に関わる仕事をしているという実感と、

仕事を徐々に覚え自分の技術力が付いてきているという喜びは確かにありました。

 

ですが、「鉄道会社の一員になる」という夢はやっぱり捨てきれませんでした。

 

それにプラスして「これからの人生のためにキャリアアップしたい」という想いをずっと持っていたんです。

 

このままこの会社にいたら、将来の家族との時間も無く「ただ働くだけの人生になる」

ということが分かってましたので。

 

 

そういった思いもあり、なんとか転職して夢を叶えようと行動を始めました。

 

僕がずっと憧れていた某大手鉄道会社は中途採用枠があることを知っていましたので、

なんとか中途採用で入社しよう!と。

 

ただ、鉄道施工の基礎知識は持っていましたがそれだけで採用してもらえるほど甘くはありません。

 

そこで、僕が決意したのが「資格の取得」です。

 

この資格取得はかなり難関で、持っているだけで「技術者としては一人前」と

認めてもらえるようなものでした。

 

当時の会社で1000人近くいた社員でも、持っている人は限られているような感じで、

「勉強して取得したいと思います」と言うと周りからは、絶対に無理!と笑われました。

 

 

 

9

 

「やると決めたらとことんやる」が僕の数少ない長所のひとつです。(短所のひとつにもなるのかな?^^;)

 

周りに笑われても絶対に取得してやる!

資格を取得して夢である鉄道会社に転職する!

 

と資格取得の勉強をスタートしましたが、本当にハードな毎日でした(汗

 

 

通勤電車の中、休日は図書館に通って、仮眠時間も削っての資格勉強漬けの日々です。

 

もっと大学時代に勉強しておけばよかった~!とかなり後悔しましたね^^;

 

図書館では顔見知りもでき、一緒に飲みに行く友達なんかもできましたが、

やっぱりキツイ時期でした。

 

 

それでも学生時代のバスケットと、浪人時代のがむしゃらな勉強の経験から、

必死にがんばれば「努力は必ず報われる」と信じることができましたので、継続することができました。

 

この時代がもっともハードで、それでも充実していたと思います。

 

まだ若く体力もあったってこともありますが、なんとか資格を取得することができました。

 

その間、2年間です。

 

周りからはかなり驚かれ「自分も勉強して取得したい」と相談なんかもされました(笑

 

そして、

その資格を持って採用試験にチャレンジした結果、奇跡的に合格することができ、

ようやく「鉄道会社への採用」を掴むことができたんです!

 

 

 

10

 

yorokobi

 

 

ようやく自分の人生がスタートした!

とかなりウキウキで、ずっと夢に描いていた鉄道会社へ入社しました。

 

幼いころからの夢がやっと叶った瞬間です。

 

 

鉄道施工の経験者ということもあり、いきなりハードな部署に配属されて

ガンガン仕事をまわされましたが、与えられた仕事を淡々とこなしていきました。

 

サラリーマンたる者、より多くの仕事をこなしスキルアップして会社に貢献することが使命!

と、当時は本気で考えていましたので^^;

 

 

ですが、

会社に貢献しようと思い必死で業務をこなしスキルアップしていった結果、、、

自分で意図した以上に早く昇進をしてしまいました。

 

サラリーマンであればそれが本来の姿で喜ぶべきだとは思うんですが、

僕の場合はそれは苦痛の日々のスタートだったんです。

 

 

 

 

11

 

仕事を覚えスキルアップして役職が上がるにつれて、さらに業務のハードな部署に配属されていきました。

 

まわってくる業務もややこしく複雑な案件ばかりで、さらに担当の件数は増える一方といった感じでした。

 

休みの日でも頭の中は仕事のことでいっぱいで、気の休まる時間なんてほとんどありませんでした。

 

「明日はあの打ち合わせだ」「あの書類を早く仕上げなきゃ(汗」

「担当の工事の竣工が近いから報告をまとめよう」

 

家族といる時間や、遊んでいる時間ですらそんなことを考えて心から楽しめないような状況でした。

 

 

 

当時の上司に言われたことは、

「この会社は99%の社員が楽をするために、1%の人が死ぬ気で仕事をしている」

といった信じられないようなセリフでした。

 

つまり、お前はその1%なのだから死ぬ気で働けと言うことですよね^^;zasetsu

 

僕に与えられた使命は、

1%の馬車になって全てを犠牲にして会社に貢献しろ!といったことを、

出世・配属・業務の中からずっと言われ続けているようなものだったんです。

 

普通なら、ふざけんな!と思うところですが、僕も入社依頼それをうすうす感じていました。

 

業務量が多い部署と少ない部署、仕事を振られる人と振られない人、

このバランスがどう見てもおかしな会社だったんです。

 

そのバランスの歪みを補うために中途採用枠があり、会社にすべてを捧げる人材を集めているんだと。

 

 

夢を抱いて入った会社でしたが、その現実を突き付けられてかなり苦しみました。

 

 

自分も賢く99%の楽な人の部類に入れば良かったのですが、それは僕にはできない選択でした。

 

幼いころからずっと夢に見ていた会社・職業でしたし、

もっとやれるのにそれを隠してのほほんと過ごすなんていう選択は僕にはできませんでした。

 

ですので、会社の理不尽な要求にも必死で応えようと業務をこなし続けていたんです。

 

 

 

それが理想と現実のギャップによって、徐々に心が折れてしまった原因になったと思うんですが、、、

 

 

 

12

 

鉄道員時代に結婚もして長女も生まれました。

 

子供って本当にかわいいですよね~^^

 

この子のためにも「がんばって稼がなければ!」と必死に仕事にも取り組んでいました。

 

 

ですが、当時の僕の状況はと言うと、

 

・終電で帰宅がスタンダード

・サービス残業の嵐

・コソコソ隠れての休日出勤

・たまの休みも組合活動に送り込まれる

・さらに夜勤もこなす業務

 

こんな感じでしたので、自分の時間はもちろん家族と過ごす時間なんてまったくありませんでした。

 

 

娘の姿は、帰宅後にすでに寝てしまっている顔か、

妻に見せてもらうスマホの写真くらいで、、、

 

こんな父親でいいのか?娘のためにもっとしてあげられることはないのか?

とずっと悩んでいたことを覚えています。

 

さらに、

自分の想いに反して業務量は増える一方、それに対して収入は増えなというジレンマ、、、

でも、

その現状を打破する方法なんてまったく分からず現実にしがみ付きもがき苦しんでいました。

 

 

 

13

 

fire

 

そんなある日、テレビで副業についての特集番組をやっていました。

 

それに出演していた一人にせどりで稼いでいる人がいたんです。

 

普段であれば「ふ~ん、すごいな~」で終わってしまうところでしたが、

その時の僕には、これだっ!とかなりの衝撃でした。

 

望んでいた道というか、やっと光を見つけたという感じだったんです。

 

 

「こんな風に自分の力で稼いで、自由になりたい」という思いがこみ上げました。

 

 

そして、

子供との時間を増やし、子供と一緒に多くのことを考え、学び、楽しい思い出をたくさん作りたい!

と心から思いました。

 

そのための手段としてせどりを実践しようと決意したんです。

 

 

 

そう決意してからは、さらにハードな毎日になりました。

 

仕事から帰宅してからのダラダラしていた時間、晩酌をする時間、睡眠時間さえも削ってのせどり実践です。

 

それと並行して家族サービスや家事もやっていたので、

本当に自分の時間なんて「ゼロ」の状況でしたね^^;

 

まさに、せどりに没頭していたと言っても良いと思います(笑

 

でも、その時の圧倒的な行動量が、今の稼げるスキルを培ってくれたと断言できますし、

せどりに関してのスキル・ノウハウもどんどん増えていきました。

 

 

 

14

 

そんながむしゃらなせどりを実践した結果、

売上&利益は1万円⇒3万円⇒5万円⇒10万円⇒、、、とアップしていき、

1年後にはずっと目標にしていた「せどりの利益>給料」を達成することができました。

 

その瞬間、一人でど派手なガッツポーズをしたのを今でも覚えています(笑

 

 

その達成感&せどり実績と、もっとせどりで稼げるという自信をもとに、

僕が次にとった行動は、

『自分から辞表を提出する』ということでした。

 

せどりで個人事業主として起業することを選択したんです。

 

それは、

世間では「普通」と言われる生活から脱線した瞬間でありますが、

僕にとっては思い描く理想へもう1度チャレンジするスタートでもありました。

 

 

 

そして独立起業した後は、より収益を上げるために

それまでいろいろと実践していたせどりのジャンルを1つに絞って取り組んでいきました。

 

副業時代の僕のせどりは

古本、新品雑誌、CD、DVD、家電、ホビーなどなど、、、かなり多くのジャンルを試していたのですが、、、

 

そうしていた理由は「どのジャンルがもっとも効率的に稼げるか」を分析したかったからなんです。

 

 

そういった経験から僕の出した答えは、、、

ゲームせどりがもっとも効率的に、かつ安定的に稼ぐことができる!

ということでした。

 

より少ない知識で勝負でき、同じ商品を何度も繰り返し販売できる、そしてライバルが圧倒的に少ない

ということを今までの実践経験から知ることができていたんです。

 

それからは、『ゲームせどり』だけに絞り実践していきました。

 

より深く調べて、仕入れて、販売をして、実験をして、検証して、工夫して、また実践、

ということをずっと繰り返しました。

 

 

その結果、、、

面白いように利益はアップしていき、気付くと月収120万円を超えていました!

売上は400万円を超えて利益率30%程度です!!

 

 

jisseki

 

 

これは、しっかりと再現性を意識してノウハウを確立していけば

「ここまでいけるんだ!」と身を持って実感した瞬間でした(^_^)/

 

 

 

◎こんなふうに、ささ~っと大量に仕入れ&販売をしています(^_^)/

shouhin

 

 

 

そして今は、自由な生活を満喫しています。

 

月収120万円を超えてからは、また違った視点でゲームせどりに取り組んでいます。

 

それは「より効率的に稼ぐ方法」です。

 

少ない時間の中でどうやったら効率的に稼げるかをテーマにして、ノウハウを蓄積しています。

 

自由な時間・家族との時間をメインにしたいという思いから独立起業したわけですので^^

 

 

実際に、

2016年の12月には、月の半分くらいの仕事時間の中でも月収100万円を超えることができています。

 

jisseki2

 

しっかりと遊び、家族との時間を大切にしながらでも、ポイントを押さえて実践すれば、

このくらいの月収は確保できるということをこの結果からも証明することができました。

 

 

そして今では、

 

◎週の半分が自由時間

◎自分が大切だと思える時間がメインの生活

◎好きな時に働き必要な分だけ稼ぐ

 

そんな生活を送っています(^_^)/

 

 

以前のように、がむしゃらに働かなくても鉄道員時代をはるかに超える収入を得られるようになりましたので、

僕のあの時の選択は間違っていなかったと胸を張って言えます。

 

自分が大切と思える時間を過ごしていても必要な分が稼げてしまい、

もっと必要な時にはその分をプラスして稼げてしまえる、

それが僕の選択したゲームせどりの1番のメリットですからね(^_^)/

 

 

 

◎時間に余裕もでき、家族との時間もずっと増えました。

毎年、南の島に行ったりと自由なライフスタイルをエンジョイしています(^_^)/

%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

身に付けたゲームせどりのスキルを

教えるコンサル活動もスタート!

 

今では、これまで身に付けてきたゲームせどりのスキルを教えるコンサルタントとしても活動をしています。

 

以前の僕のように「理想を叶えたい」という熱い思いを持っている人に、

今まで培ってきたノウハウを教えることで僕がそのお手伝いをしています。

 

 

ここに至った経緯をお話しすると、

このブログやメルマガを運営する中で様々なお問い合わせや相談を受けてきたんです。

 

質問の内容は様々なんですが、やっぱりみなさんの共通した悩みが

「今を変えたい!」というものに尽きるということにその過程で気付きました。

 

その手段として、ゲームせどりを身に付けて稼ぎたいと。

 

僕も現状を打破したいという思いからせどりを始めたわけですので、

その気持ちが痛いほど分かりました。

 

 

ただやはり、

せどりをすでに実践されている人でもこれから始めようとしている人でも

「正しいせどりの取り組み方を知らない」場合が圧倒的に多いことが、稼げていない理由なんです。

 

正しいノウハウをもって、しっかりと実践すれば月に10万円くらいであればすぐに稼げるのに

その取り組み方を知らないだけで稼げずに遠回りをしてしまっている場合が大多数だったんです。

 

ですので、

せっかくせどりというビジネスを知って、がんばっているのに本当にもったいない!

と多くの人を見続けてずっと感じていました。

 

この思いが僕のコンサルタントとしてのスタートで、

「それなら僕がじっくりと教えることで、最速で理想を叶えてもらおう」

という考えに至ったんです。

 

そういった思いがスタートとなり、

今では自分のせどり実践と並行して、コンサルタントとしての活動も行い、

僕と同じように理想を目指すゲームせどりの実践者を輩出することに尽力しています。

 

 

理想を叶えるテキストをプレゼント!

 

このように、

効率的にゲームせどりで稼ぎつつ、

自分のゲームせどりを教えるコンサルタントとしても活動をしているわけですが、

 

今はさらにこれと並行して、

このブログやメルマガ配信などでゲームせどりの情報発信も行っています。

 

ブログやメルマガを運営する中で読者の方と

メールやスカイプでやり取りをする機会もかなり増えていきました。

 

そういった中で、

せどりの基礎がしっかり固まっていないために、

遠回りや苦しんでいる人が多くいることに改めて気付きました。

 

 

せどりに限らず、ビジネスを進めるうえで基礎って本当に大切なんです。

 

しっかりとした土台があってのスキル・ノウハウですからね。

 

 

でも、世の中にはせどりを基礎からしっかりと学べる教材って本当に少ないんです。

 

あったとしても、高額で手が出せなかったり、かゆいところまでは手が届いていなかったり、、、

それが僕がせどり初心者の頃に苦しんだ原因のひとつでもあるんですが^^;

 

そういった僕の苦い経験からも、

これからせどりで今を変えていこう!と考えている人に向けて「せどりの教科書」を作ろうと考えたんです。

 

その教科書で、せどりの土台の部分をしっかり学んでもらい理想を叶えてもらおう!と。

 

 

 

そう考えてから、かなりの時間をかけて四苦八苦しながらせどりの教科書の作成をしました。

 

どういった内容・コンテンツにすればより速く濃く伝えられるか、を考え続けてです。

 

そして、約6ヶ月の時間をかけてようやく完成させることができました。

 

 

 

今回は、僕のプロフィールをここまでご覧いただいたお礼に、

このはやてオリジナル教材を無料でプレゼントさせていただきたいと思います!

 

この教材は僕が月収120万円稼いでいる基礎の部分はもちろん、

仕入れの手順や販売テクニックなどの知識についても全て網羅しています。

 

本当に無料ですか?といったメッセージもいただだいているのですが、

当時の僕のようにがんばっているのに報われないとう人に向けて無料でプレゼントします。

 

せどりに必要な知識はすべて詰め込んでありますのでこれをフル活用して頂ければと思います。

 

そして、

このコンテンツ集を基礎教材として、せどりのスタートを切って思い描く理想を現実に変えてください!

 

 

15

 

head1

yajirusi_gra1_red

torokuword1

名前
メールアドレス
※適当な名前での入力は削除になりますのでご注意ください。

 

 

 

 

last3

 

せどり上級者へのスピードを加速してもらうために、

このせどりの教科書【せどりディクショナリー】にプラスして追加特典も用意しました。

 

 

 

 

last2

 

メルマガ登録をされたメンバーには、さらにこの3大特典もプレゼントします。

せどりディクショナリーと併用し、この特典もフル活用して最速・最短で理想を叶えてください!!

 
tokuten

 

特典1月収120万円までのストーリー&実際に販売した商品紹介

 

特典230分間のSkypeコンサルを受けれる権利

 

特典3せどりディクショナリーのコンテンツ再配布権

 

せどりディクショナリーとこの3大特典を活用すれば、

月に10万円の収入もぜんぜん難しいことではありませんのでガンガン使いこなしてください!

 

yajirusi_gra1_red

 

torokuword1

名前
メールアドレス
※適当な名前での入力は削除になりますのでご注意ください。

 

 

last