• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、ヤフオク出品の写真撮影について解説します。

 

 

動画でも解説をしていますのでご覧ください↓

 

ヤフオク写真撮影

 

写真は重要な商品情報

タイトルと写真が入札者が最初に目にするフォームです。

また、入札者は写真で入札するかの判断を行っていきます。

 

 

掲載できる写真は基本的に3枚

ヤフオクで掲載できる写真は基本的には3枚です。

また、フォトアップというサービスを使えばさらに7枚の写真を掲載できるようになります。

傷や汚れなどをきっちりと撮影したり、

商品に光や影を当てたりと見やすく・キレイに撮影をするなど

限られた枚数の中で、いかにアピールできるかの工夫をしていきましょう。

 

 

写真加工ソフト

文字入れやカットなどをして写真を見やすくしたり、

複数の写真を組み合わせることで掲載枚数を増やすなど

写真加工ソフトを使うことも有効な手段です。

 

 

 

掲載できるサイズ

 

ヤフオクに掲載できる写真のサイズ

3MB以下→300万画素以下にカメラを設定する

600ピクセルまで→600ピクセルを超えると自動的にリサイズされる

 

 

サイズ編集ソフト

カメラの設定を変えたくない場合や、

小さい画像サイズに設定できないカメラの場合もあると思います。

その際には、サイズ変更ソフトを使いリサイズするなどを行ってください。

 

 

 

撮影に使う道具

 

1

デジタルカメラ、携帯電話のカメラ機能

写真撮影には必須になります。

 

 

2

三脚

手ブレの防止のために使います。

無くても撮影は可能ですが、あると便利です。

 

 

3

コンパクトスタジオ

この中に商品を置き、撮影を行います。

2000円~3000円程度で購入できますので、準備しておくと便利です。

 

 

 

写真撮影の方法

 

写真撮影をする際に、気を付ける点の解説です。

 

写真の構図を決める

・画角いっぱいに商品を入れる

・背景色を統一する(白が基本)。なるべく薄い色にする。

・全体図が分かるように撮影する

 

 

見せるべきところ

・付属品をすべて写す

・傷や汚れ等の使用感を写す

 

 

各写真に役割を持たせる

・全体図の写真

・付属品がすべて写っている写真

・傷、汚れ、ロゴ、商品スペックが判断できる部分の写真

 

 

 

ヤフオク写真撮影まとめ

 

4

 

ヤフオク出品において、掲載する写真は重要な商品情報です。

入札者は写真を見て商品の確認を行い、入札するかの判断をします。

 

また、写真には掲載できる枚数に制限がありますので、

それぞれの写真に役割を持たせ見やすく・キレイに撮影しましょう。

その際に、傷や汚れなども見せることで落札後のトラブルを避けるようにしてください。

ちょっとした工夫で落札額も高くなり、利益拡大につながります。

 

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

分からないことや知りたいことがありましたら、ご連絡ください。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓