• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、「おもちゃ・ホビーせどり」について解説をします。

 

 

動画でも解説をしていますので、ご覧ください↓


 

おもちゃ・ホビーせどりの概要

 

取扱商品

おもちゃ・プラモデル・フィギュアなど子供向けの商品から

大人向けの商品まで多くの商品があります。

 

 

販売対象

子供から大人まで対象の幅が広く、それぞれに需要があります。

 

 

年末商戦のメインジャンル

1年のうちで1番商品が売れる時期の「年末商戦」でメインとなるジャンルです。

普段は別ジャンルをメインで扱うが、年末商戦のみおもちゃ・ホビーせどりに

参戦するというセラーがいるほどです。

 

 

 

おもちゃ・ホビーせどりのメリット

 

人気商品がプレミア(定価超え)になりやすい

フィギュアなどはコレクター性が高いので、人気商品はプレミア化しやすい傾向にあります。

 

 

年末商戦の爆発力

クリスマス=おもちゃが主役になります。

もちろん、ほかのジャンルも年末商戦では通常より売れやすくなりますが、

もっとも爆発力があるのが「おもちゃ・ホビーせどり」という印象があります。

 

 

ライバルが少ない

おもちゃ・ホビーを扱う場合、最低限の専門知識が必要になってきます。

そのため、実践者はほかのジャンルに比べ少ないという印象があります。

ある程度の知識があれば、利益を狙えるジャンルだと思います。

 

 

 

おもちゃ・ホビーせどりのデメリット

 

早く売り切る必要がある

人気商品はプレミア化しやすい傾向にありますが、同時に「再販」のリスクもあります。

「再販」され、商品の価格が下がる前に売り切ることも考慮して仕入れをしましょう。

 

 

価格下落のリスクがある

年末商戦(クリスマス~正月)が終わると一気に価格が下がる商品もあります。

いつまでに売らなければならないか・いつまで商品を寝かせるのか

など先を見越して販売をしていく必要があります。

 

 

スペースの確保が必要

メディア類に比べ大型となるため、保管スペースの確保も必要になってきます。

 

 

付属品の確認が手間

多くのパーツが付属している場合が多くあります。

中古品であれば、付属品が全て揃っているのかの確認に時間がかかってしまいます。

 

 

 

おもちゃ・ホビーせどりの仕入先

 

1

 

おもちゃと言えばトイザらスが最大手です。

商品数も多く、1番の仕入れ先となると思います。

このほかにも家電量販店やイオン・ドンキホーテなどのモール・スーパーなどでも

仕入れることが可能です。

 

また、中古商品であればリサイクルショップで仕入れることができます。

ハードオフ・オフハウス・まんだらけ・倉庫系リサイクルショップなどです。

それぞれで値付けの特徴が異なりますので、

リサーチをしながら各店舗の特徴を把握していきましょう。

 

 

 

おもちゃ・ホビーせどりまとめ

 

おもちゃ・ホビーと言えば年末商戦の爆発力が1番の特徴でありメリットです。

毎年、プレミア化する鉄板商品もあります。

 

またあるタイトルが人気になると、関連商品が軒並みプレミア化していくこともあります。

記憶に新しい、妖怪ウォッチなどがその代表例です。

「急な人気=品薄=プレミア化」の鉄則どおりの商品でした。

おもちゃ・ホビーは、この鉄則に素直なジャンルだと思います。

 

世の中の動向にアンテナを高く持つことで、ライバルよりも先に利益を得ることが可能です。

ほかのジャンルをメインに扱っていたとしても、

おもちゃ・ホビーを常に気にすることで利益は拡大していきます。

 

僕もおもちゃ・ホビーの流行り・動向には気を配るようにしています。

メインのジャンルでは無いとしても、

ふとしたタイミングで大きな収益をもたらしてくれています。

今回の解説を参考に、

取り扱うジャンルのひとつとして検討してみてください。

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

もし、疑問点や分からないことがあればご質問ください。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓

  
       



 

LINE友だち登録はこちらです♪

お気軽にメッセージください(^_^)/

友だち追加