• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、Amazon販売の意義 について解説をします。

 

せどり=Amazon販売 というイメージが強いと思います。

せどり実践者の大多数がAmazonで販売をしているのではないでしょうか。

実際に僕もAmazonをメインの販路としています。

間違いなく稼ぎやすい販路ですが、それには理由があります。

その理由とAmazonの特徴を解説しますので、
より詳しく把握してせどりを実践していってください。

 

 

動画で解説をしていますので、ご覧下さい↓


 

Amazon販売の意義

 

Amazonで販売を行うのには、理由があります。

多くのメリットと稼ぎやすい仕組みが構築されているからです。

どのような、理由があるのかを解説します。

 

 

出品者登録が容易にできる

登録の敷居は非常に低いと感じます。

ほぼ誰でも登録することができ、すぐに出品が可能です。

詳しい登録手順はこちらをご覧ください↓

せどりの準備を整えよう!Amazonアカウントの取得方法

 

 

集客をする必要がない

Amazonが勝手に集客をしてくれます。

もし、自分のネットショップのHP(ホームページ)を作って
販売をしようとした場合、

・時間

・労力

・初期投資

などが必要になってきます。

さらに、お客様をHPに呼び込む必要もでてきます。

Amazonに出品することで、それらすべてが不要になります。

Amazonに出品をするということは、
Amazonというブランドの元で商売ができるということです。

 

 

即金性が高い

Amazonでは2週間に一度、売り上げが入金されます。

これはつまり、キャッシュフローが安定するということです。

資金を早く回収できることは、商売をするうえで非常に重要な要素です。

 

 

購入者とのやり取りが少ない

購入者と連絡を取り合う機会は多くありません。

基本的には、

・問い合わせがきたときの対応

・発送通知(自己発送の場合)

のみです。

FBAを利用しての出品の場合は、発送通知の送信も必要ありません。

さらには、FBAでは返品対応などもAmazonが代行してくれます。

 

 

出品の手続きが楽

商品ページを1から作成する必要はありません。

Amazon上にすでに登録されている商品カタログに出品をするだけの手順です。
(※商品ページを作成して出品することも可能)

 

 

FBAを利用することで業務効率化を図れる

Amazonが出品者に提供しているサービスに『FBA』というものがあります。

このFBAというサービスを利用することで、業務を効率的に行えます。

詳しくは、こちらの記事を参照ください。

FBAとは?FBAを利用するメリット・デメリットを解説

 

具体的には、

①商品の発送をAmazonに委託できる

②商品の保管をAmazonに委託できる

という非常に便利なシステムです。

このFBAを利用することで、ほかの業務に専念することが可能になってきます。

つまり、商品の仕入れに集中することができます。

 

 

 

Amazon販売の意義まとめ

 

このように、せどりにおいてAmazonで販売する意義は非常に多くあります。

これらが

せどり=Amazon=稼ぎやすい

理由です。

そのため、Amazonがせどりの最大の販路になっています。

Amazonの特徴をよく把握して、販売を行っていきましょう。

「Amazonを攻略する」ことがせどりで稼ぐ最大の手段となります。

 

 

もし、せどりに関して分からないことや疑問がありましたら

ご質問ください。

質問の内容に対してお返事をさせていただきます。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓