• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、せどりにおける販路のひとつになる

ヤフオクの概要を解説します。

 

せどりにおいてはAmazonがメインの販路となっていきますが、

ヤフオク販売も同時に実践するべきです。

ヤフオクで販売することには大きな意味があります。

 

 

その意義についても解説をしてますので、

こちらの動画もご覧ください。

 

ヤフオク販売の意義

 

なぜはじめにヤフオク販売を実践するのか?

それには大きな意味があります。

ここでは、その意義について解説をします。

 

①自己資金(軍資金)を増やす

まずは「不用品」をヤフオクで販売することで、軍資金を増やします。

今後の仕入れの資金、道具や環境の準備代金に充てていきます。

 

②稼ぐという感覚を身に付ける

仕事で販売を行っているという人もいると思います。

しかし、それは会社やほかの人の資本の元で行っている販売

という場合が多いのではないでしょうか。

自分の商品を「自分のちからのみ」で稼ぐという感覚を

ヤフオク販売を通して体感してほしいと思います。

 

③商品販売の流れを学ぶ

ヤフオク販売をとおして、ネット販売の一連の流れが学べます。

商品選定→出品→取引→入金という基本となる流れです。

物販の基礎となる流れをヤフオク販売をすることで

身に付けることができます。

 

④せどりを実践する準備

仕入れた商品をヤフオクで販売することも利益を得る手段です。

Amazonだけではなく、ヤフオクでも並行して販売を行うことで
利益は拡大していきます。

販路が増えることでリスクヘッジにもなりますし、
ヤフオクで販売をしたほうが、Amazonよりも高く売れる
という商品も多く存在します。

ですので、いつでもヤフオクでも商品を販売できるよう「準備」をしておくべきだと思います。

 

また、ヤフオクで商品を仕入れてAmazonで販売することで利益を得ることも可能です。

「電脳仕入れ」と呼ばれる仕入れ方法です。

もちろん、ほかのネットショップから商品を仕入れることも可能ですが、
ヤフオクから商品を仕入れることも並行して実践したほうが仕入量・利益は拡大します。

その際、自分が「出品者」としてヤフオクに商品を出品していた経験が有利に働きます。

・落札後に出品者と取引連絡がスムーズにできる

・出品者の傾向をつかめる

・商品の見方がわかる

などのメリットを得ることができます。

 

 

 

ヤフオクの特徴

 

・Yahoo!JAPANIDが提供しているオークションサービス

・利用者が日本国内では一番多い最大手

・登録をすることで、出品者にも入札者にもなれる

・出品手数料が安い

・自分独自の売り方ができる(セット売り・JANコードの無い商品など)

・Amazon販売より高値で売れる商品がある

 

オークション=ヤフオクというくらいの最大手です。

出品数も多く、様々な商品が出品されています。

手数料もAmazonに比べて安いことが特徴です。

手数料

 

Amazonの手数料がおよそ15%程度ですので、

ヤフオクの手数料が安いということが分かると思います。

注意としては、この販売手数料は改定されることがあります。

しかし、2016年2月に改定されたばかりですので、
当面はこの手数料が適用されると考えられます。

 

 

 

ヤフオク販売に必要なもの

 

・Yahoo!JAPANID ID

・Yahoo!プレミアム会員への登録

・クレジットカード

・梱包材(ダンボール・紙袋・エアークッション等)

出品するためには、これらが必要になってきます。

ヤフオク登録についてはこちらの記事で解説をしていますので、
ぜひご覧ください。

『ヤフオクで出品しよう!最初のヤフオク登録手順』

 

 

ヤフオク販売のステップ

 

・商品の選定

・価格・出品設定

・商品説明ページの作成

・落札

・取引連絡

・落札代金の受け取り

・商品の梱包、発送

・評価・評価依頼

 

これらのステップでヤフオク販売を行います。

今後、ひとつひとつ解説を行っていきますのでご覧ください。

これらを詳しく知ることで、同じ商品であっても
より多くの利益を得ることが可能になっていきます。

 

 

では、ヤフオク販売の意義についての解説は以上です。

せどりを実践する場合、ヤフオクの利用は必須になってきます。

出品者としても入札者としても使用できるように準備をしておきましょう。

 

 

 

もし、分からないことや疑問がありましたらご質問ください。

できる限りお力になります。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓