• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

 

僕が鉄道員を辞めても家族を養えて、

さらには、鉄道員時代よりもはるかに多くの収入を得ている

稼ぐ方法「せどり」について解説します。

 

 

動画でも解説していますので、こちらをご覧下さい↓

 

せどりとは

 

せどりとは、簡単に言えば「差額」を得る商売です。

例として、

A店で1000円で商品を仕入れて

Bさんに4000円で販売をする

この「差額」3000円を利益として得ていく方法です。

 

 

 

せどりの解釈

 

せどりに対してどのような印象をお持ちですか?

もしネガティブな印象を持ちながらせどりを実践しているのならば

改めなくてはなりません。

 

せどりを実践する者として、プライドを持つ必要があります。

 

 

・せどりは商社や販売店と同じです

商社はメーカーなどから商品を仕入れて小売店などに商品を卸しますよね。

量販店はメーカーや卸業者などから商品を仕入れて消費者に販売をします。

これは、せどりと概念は同じです。

 

・購入者に価値を提供する

我々、せどり実践者は埋もれている商品を発掘して

それを世の中に出してお客様に届けます。

必要としている人に商品と価値を提供してその対価として料金をもらっています。

卑屈になる必要はありません。

 

世の中に対して「意味のあること」を行っているという

プライドを持ってせどりを実践していきましょう。

この意識が不足している場合、十分な価値を提供できない

ということに陥りかねません。

販売者として、プライドと覚悟を持って取り組みましょう。

 

 

 

せどりの特徴

 

・せどりは非常にシンプルなビジネスモデルです。

なるべく安く仕入れて、なるべく高く販売をするそれのみです。

注力することも多くなく、

ビジネスに「集中」することができます。

 

 

・せどりはすぐに始められます

Amazonなどで販売をすることがメインになりますが、

Amazonの販売者用アカウントさえ取得してしまえばすぐにせどりを始められます。

このアカウントもすぐに取得可能です。

手元に不用品がある場合、それを手始めに販売すれば仕入れ資金0からスタートすることも可能です。

 

 

・せどりはリスクが低い

そもそも「利益が出る商品」のみを仕入れます。

実店舗のように品揃えや業者との付き合いなどを考慮する必要もありませんので、

「赤字になる商品」など扱う必要がありません。

 

 

・せどりは即金性が高い

現金化するのが速いといことも特徴のひとつです。

Amazonであれば2週間に1回、販売した代金の入金があります。

ヤフオクであれば即座に入金されますよね。

これはつまり、キャッシュフローが安定するということです。

資金がすぐに回収できることは商売をするうえで大きなメリットです。

 

また、せどりは「結果が出やすい」ビジネスモデルです。

正しい基礎知識さえあれば、実践して1か月目から利益を得ることが可能です。

これはなかなか他のビジネスでは難しいのではないでしょうか。

 

 

 

販売するプラットホーム

 

最初は基本的には2つです。

①Amazon

②ヤフオク

これがメインとなります。

この他にも様々な選択肢がありますが、この2つの販売先のみでも十分な利益を得られます。

まずはこの2つをからはじめることをおすすめします。

 

 

 

Amazon販売で必要なスキル

 

Amazon販売で最も重要なのは、

利益が出る商品を見つけるスキルです。

 

・どこで

・なにを

・いくらで仕入れ

・いくらで販売をするか

 

このスキルを磨くことが、せどりで稼ぐためには必要不可欠です。

せどりで利益を得るためのさまざまなノウハウがあります。

それらの大多数は、この「利益が出る商品を見つけるスキル」に集約されます。

商品を仕入れなければせどりは成り立ちません。

結局は、

利益を得る=利益が出る商品を見つける

ことにつながります。

 

重要なポイントから細かいテクニックまで、多くの要素があります。

はじめからその全てを備える必要はありません。

せどりを実践する中で、少しずつ蓄積していきましょう。

このブログやメルマガ、また今後公開予定の講座でも

それらをご紹介していきます。

僕の培ってきたものを吸収していただければと思っています。

あなたのスキルとして身に付けて下さい。

 

 

では、今回もご覧いただきありがとうございました。

もし、疑問や知りたいことがあればご相談下さい。

お待ちしています。

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓