動画100本にゲームせどりで稼ぐ知識をギュッと詰め込みました!

無料配布中のせどりの教科書「せどりディクショナリー」を確認する↓

店舗仕入と電脳仕入のメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、店舗仕入と電脳仕入について解説しています。

 

 

店舗仕入と電脳仕入のその

 

どちらも仕入先とすることで、利益は拡大していきます。

 

どちらかではなく、両方を実践されることをオススメします。

 

両方のメリット・デメリット、特徴などについて解説をしていますので

 

こちらの動画をご覧下さい。

 

仕入先の種類

 

仕入先は大別すると2種類です。

①店舗仕入

実店舗に行き、仕入を行う方法です。

これがせどりの仕入の基本で、多くのせどり実践者が行っている仕入方法だと思います。

 

②電脳仕入

インターネット上のショップやサイトから商品を仕入れることを電脳仕入と言います。

 

この他にも個人買取・直接取引・卸などもありますが、

通常であればこの店舗仕入電脳仕入の2種類がメインになると思います。

 

それぞれに特徴・メリットがありますので、それをしっかりと把握して

効率よく利用していきましょう。

 

ご自身の環境やスタイルを考慮して、それに沿って取り組んで下さい。

もし、副業でせどりをされているようでしたら、

平日の夜間は電脳せどりを実践して、休日の空いた時間に店舗せどりを実践する。

このように効率よく「使い分け」をしていきましょう。

 

僕は、家を空けられない日は電脳仕入れ、

天気がよく外に出たい日は店舗仕入れと使い分けをしています。

バランスよく活用をすれば売り上げが伸びていきます。

 

 

店舗せどりメリット・デメリット

 

(メリット)

店舗せどりの醍醐味は「お宝遭遇率」の高さだと思っています。

電脳せどりに比べて利益率が高い商品に巡り合える確率が高いです。

値付けの甘い店舗も多く存在しますので、

なるべく多くの店舗に足を運び特徴を把握していきましょう。

 

また、電脳仕入に比べてライバルが少ないこともメリットのひとつです。

あまり知られていない店舗を発掘できれば、あなた独自の仕入先とすることもできます。

 

 

(デメリット)

店舗仕入はどうしても移動時間がかかってしまいますよね。

その店舗へ出向くまでの移動時間と帰宅するまでの時間です。

 

また、仕入れた商品を持ち帰る「手間」もあります。

車を使える環境にあればいいですが、そうでない場合、

仕入量をセーブしなければならいというシチュエーションも考えられます。

※店舗によっては、ある程度の購入金額を超えれば

自宅まで商品を配送してくれるサービスを実施している店舗もあります。

 

 

電脳せどりメリット・デメリット

 

(メリット)

電脳せどりの1番のメリットは、自宅に居ながら仕入ができるという点です。

移動時間もかからず、通勤時間や休憩時間などでも仕入が可能です。

自分の都合のいい時に仕入ができます。

ネットショップには、開店・閉店時間はありませんからね。

 

さらに、商品数が店舗せどりに比べて圧倒的に多いこともメリットです。

ネット上の店舗が全て仕入先の対象となるわけですから、

自分の移動可能な範囲にある店舗より商品数が多いのは確実です。

 

 

(デメリット)

ライバルが多いことが1番のデメリットです。

あなたが閲覧が可能なように全国のライバルが、ネット環境さえあれば仕入ることが可能です。

全国のせどらーがライバルになりえるということも覚悟をしていきましょう。

 

送料がかかってしまうこともデメリットの1つです。

 

また、パソコン上の画面からその商品の情報を読み取っていく必要があります。

商品が自宅に届くまで手に取って見ることができません。

提示された情報から商品の状態やスペックなどを判断しなければならない

ことも意識して仕入を行っていきましょう。

 

 

電脳での仕入先

 

実際にどのようなショップやサイトから電脳仕入をすることができるか、

その例を解説します。

 

ヤフーオークション

日本最大級のオークションサイトです。

メジャーなオークションサイトですので、ライバルが多くなりますが、

商品の登録数も多く仕入には重宝します。

中古はもちろんですが、新品の商品も出品されていますので、仕入れることが可能です。

 

 

Amazon

必用以上に安く出品している出品者がいた場合、その商品を仕入て適正な価格で出品しなおすという方法です。

これを「刈取り」といいます。

また、Amazonでもセール定期的に行っています。

Amazonプライムデーなどです。

これを狙い、

通常よりも安く販売されている商品を仕入れて、再度Amazonで販売することも可能です。

 

 

楽天市場

僕もよく仕入を行っています。

商品数が豊富で、新品のみではなく中古の取扱もあります。

 

 

ここでは、メジャーなネットショップをあげてみました。

このほかにも仕入が可能なネットショップは多数にあります。

 

僕がメインで扱っているゲームのジャンルでも、

仕入が可能なネットショップは非常に多く存在します。

把握しているショップを全てチェックしようとすると1日では

不可能なくらいの商品数になります。

 

それぞれのショップで特徴が異なり、

チェックすべき商品・タイミングがあります。

それらを把握できてからは、ずいぶんと仕入れが楽になりました。

普通に利益のとれる商品が普通に仕入れられます。

 

 

まとめ

 

これまで解説したように、店舗仕入と電脳仕入のそれぞれにメリット・デメリットがあります。

それぞれの特徴を把握して、ご自身の環境とスタイルを考慮して実践してください。

どちらかだけではなく、

 

両方のスキルをバランスよく身に付ける

 

ことがベストだと思います。

そうすることで、売上と手にする利益が確実に上がり、そして安定します。

 

僕のオススメは、

まずは店舗仕入を実践し経験値を蓄える。

それと平行して少しずつ電脳仕入を覚える手順です。

店舗で実際の商品を手に取り、商品知識を身に付けて

それをもとに電脳で仕入れを行う方法です。

 

これは、実際に僕が実践してきたスタイルです。

結果として、両方のスキルを身に付けることができました。

両方のいいところを取って、デメリットを補い合っています。

どちらかの実践のみでは、今の利益には到達していなかったと思います。

 

「自由な時間に必要な分だけ稼ぐ生活」

 

このスタイルを確立するためには両方のスキルが必用です。

どちらかだけでは、いずれ収益の限界がきてしまします。

 

両方をバランスよく実践していって下さい。

 

 

 

 

はじめは、利益の出る商品が思うように仕入れができないかもしれません。

しかし、手と足を動かし続けることが後々成功する方法です。

そこで諦めずに継続できた人が稼げるようになります。

自分の理想を描いて諦めず取り組んでいきましょう!

 

 

 

 

もし、分からないことがあれば遠慮なくご質問下さい。

僕でお答えできることがあれば力になります。

 

 



↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓

  
       



 

LINE友だち登録はこちらです♪

お気軽にメッセージください(^_^)/

友だち追加