動画100本にゲームせどりで稼ぐ知識をギュッと詰め込みました!

無料配布中のせどりの教科書「せどりディクショナリー」を確認する↓

せどりに必要な道具

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、せどりに必要な道具について解説していきます。

 

せどりを実践するうえで、準備をしなければならない道具があります。

その中でも、

「必需品」「あると便利な道具」の2種類がありますので、

この講座を参考にご用意していただければと思います。

僕がせどりで実際に使っている道具も例に出して紹介していきます。

 

 

動画でも解説していますのでこちらからご覧ください。

 

せどりの必需品

 

1.機器類

 

○パソコン

パソコン

 

Amazonやヤフオクへ出品するには、スマホや携帯電話でも可能ですが、

利便性・効率を考えると必ず用意したほうがいいと思います。

そこまでスペックを気にしなくてもよいかと思いますので、

とりあえずは1台用意しましょう。

 

電脳仕入を行う場合、ある程度のスペックが必要になるかと思います。

これは、資金が貯まったら必要に応じて買い替えをすればよいかと思います。

 

 

○携帯電話・スマートフォン

スマホ

 

仕入の際に商品名やバーコードを読み取り、仕入の判断を行います。

ガラケーでも対応できますが、スマホがより使いやすいかと思います。

・画面が大きくデータを読み取りやすい

・ビームなどの他の機器と連動させられる

などのメリットがあります。

 

 

○プリンター

プリンター

 

Amazon販売では自己発送の場合、納品書を印刷して商品に同梱する必要があります。

また、FBAを利用しての出品の際に必須となります。

 

 

2.道具類

 

○はさみ・カッター

はさみカッター

 

出品時、発送時など色々な場面で必要となります。

それぞれ1つ用意をしておきましょう。

 

 

3.消耗品

 

○シール剥がし液

シール剥がし

 

値札や割引シールを剥がすなどの、商品のクリーニングに使用します。

専用の液剤もありますが、ジッポオイルでも代用できます。

 

 

○綿棒

綿棒

 

商品のクリーニングなどに使用します。

細かい部分の汚れ落としの際に使用します。

 

 

○テープ

テープ

 

梱包などで必要になります。

僕は、写真のような大きいサイズのものを使用しています。

 

 

○OPP袋

OPP袋

 

商品を封入するための袋です。

OPP袋に入れると見た目の印象もよくなりますが、

これを使用するメインの目的は、

・商品の水濡れ防止

・商品へのキズ対策

です。

なるべくキレイな状態でお客様へ商品をお届けするために使用していきましょう。

 

色々なサイズがありますので、販売をする商品のサイズに応じて用意すると

いいかと思います。

僕も数種類のサイズを常備しています。

また、テープ付きの商品が使いやすくオススメです。

オススメ: HEIKO OPPクリスタルパックテープ付き

 

 

○封筒

茶封筒

 

商品が売れた際に、封筒に入れて発送をします。

これも、販売する商品に応じて数種類のサイズを用意しておきましょう。

 

 

○段ボール

ダンボール

 

商品の発送と、FBAへの納品の際に使用します。

薬局やスーパーなどで無料でもらってくるのも手です。

 

 

あると便利な道具

 

○クリーニングクロス

クリーニングクロスL

 

ディスクのクリーニングに使います。

ティッシュや通常の布よりもやわらかい素材で、ディスクに傷が付きにくくなっています。

オススメ:ナガオカ クリーニングクロス

 

 

○研磨機

研磨位

 

ディスクの研磨に使用します。

傷がひどく読み込むことができないようなディスクでも研磨をすることで

読み込むことができるようになったり、キレイな盤面にすることができます。

 

オススメ:SIMO-R1

 

業務用を用意しようと思うと10万円以上するものもありますが、

SIMO-R1は消耗品(研磨剤・パット)とセットで15000円くらいで販売されています。

なかなか優秀な研磨機で、ある程度のキズであればピカピカにしてくれます。

消耗品類も個別に購入できますので、買い足すことができます。

 

 

○バーコードリーダー

バーコードリーダー

 

出品、検索の際に使用しています。

パソコンに接続して、バーコードを読み取りパソコンへ入力します。

手入力よりも圧倒的に早く、作業の効率化が図れます。

2000円~3000円で購入できます。

 

 

○ペーパーカッター

ペーパーカッター

 

納品書等の切取りに使います。

はさみ、カッターよりも時間短縮が図れるので使用しています。

 

 

 

○エアクッション

エアクッション

 

梱包の際に使用します。

商品に傷がつかないように、また衝撃による故障の防止のために使っています。

ロールタイプを用意しておけば大型の商品にも使用できるので、便利だと思います。

 

 

○クッション封筒

クッション封筒

 

梱包の際に使用します。

封筒にエアクッションがあらかじめ付いているため、梱包の時間短縮となります。

100円ショップなどでも購入できます。

 

 

○パーツクリーナー

パーツクリーナー

 

機器類のクリーニングに使用します。

速乾性があり、油汚れやグリース、ホコリなどをすばやく落とせます。

 

 

○ラベルシート

ラベルシート

 

FBAへの納品時に使用します。

普通タイプと剥離タイプがあります。

薄利タイプ=簡単に剥がせるシール

こちらがオススメです。

僕は、Amazonが専用に販売しているこの商品を使用しています。

 

 

○カーチャージャー

かーチャージャー

 

車内で携帯電話を充電する際に使用しています。

1日中、車で店舗をまわって仕入を行う際に重宝します。

 

 

○モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

 

同じく外出先での携帯電話の充電に使っています。

店舗でリサーチ中に携帯電話の充電切れ、、、なんてことがないように

外出の際は、1つ持って行くようにしています。

 

 

○ビーム

ビーム

 

商品のリサーチに使用します。

スマホに同期させて、商品のバーコードを読み取ります。

手入力や携帯電話のカメラ機能での読取よりもかなりの時間短縮が可能です。

 

オススメ:MS910 →15000円前後で購入可

 

ほかにもKDC200などがありますが、30000円以上しますし、

機能的にもMS910のほうが上かと思います。

現段階では、MS910がコストパフォーマンス・性能ともに

もっとも優れていると思い、使用しています。

 

 

まとめ

 

せどりを実践していくうえで必要な道具をご紹介しました。

色々と必要だな~と思われたかもしれませんが、

最低限必用なものはそれほど多くありません。

 

 

「あると便利な道具」は仕入、販売をしている中で足りないと思ったものを

買い足していけば対応できると思います。

 

また、扱うジャンルによっても別途用意をしなければならない道具が

あるかと思いますので、

その都度、用意をして対応してください。

 

そして、必需品を用意したら仕入・販売を実践していきましょう。

道具に凝るよりもまずは、仕入と販売の実践です!

ガンガン仕入・販売をして経験とスキルを身に付けていきましょう!

 

 

 



↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓

  
       



 

LINE友だち登録はこちらです♪

お気軽にメッセージください(^_^)/

友だち追加