• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、Amazonの評価について解説しています。

 

Amazonで出品をするに当たって、評価は非常に重要な要素です。

「良い評価」を積み重ねることで、利益の拡大にもつながります。

 

Amazonの購入者から出品者に対する評価方式は「特殊」

 

な部分もありますので、この機会に知っていただければと思います。

 

 

動画でも解説していますのでこちらからご覧ください。

 

評価の重要性

 

Amazon販売において「評価」は非常に重要な要素です。

評価が利益を左右するものと考えて下さい。

 

 

評価1

 

同じ商品、同じ価格、同じコンディション、同じ付属品・状態であれば

ほぼ確実に評価の高い出品者から売れていきます。

さらに、もし価格が高くても評価が高い出品者から購入されることさえあります。

 

・評価が多く高いほど、ストアの信頼が上がる

・評価が上がれば売り上げも上がっていく

 

もちろん、商品説明文の記載の仕方などでも売れ行きは変化しますが、

より多くの評価を蓄えて、高い評価を維持することがより有利に働きます。

つまり、利益に直結していきます。

 

Amazonの評価方式

 

では、次にAmazonの評価方式について解説をします。

Amazonの評価は5段階です。

☆1~☆5と表記されています。

 

☆4と☆5は「良い」つまり「高い」評価です。

☆3は「普通」そのまま「普通」の評価です。

☆2~☆1は「悪い」つまり「低い」評価です。

 

ここで、Amazonの評価の「特殊」な点をご説明します。

☆3は「普通」の評価なのですが、「悪い」と同等の価値となってしまいます。

この点はAmazonの評価に対する考え方で重要な部分となるので、詳しく解説していきます。

 

 

購入者は、商品を購入する際に、出品者の評価の%を見て判断をします。

高い評価が何%なのかを確認して、

よし、高い評価が○○%だから購入しても安心だな~というわけですね。

 

評価2

 

上の画像はAmazonの商品ページ内の出品者の情報欄です。

この画像では「94%の高い評価」という記載がありますが、

 

実はこの「高い評価」に☆3は含まれません。

 

「高い評価」に含まれるのは、☆4と☆5だけなのです。

ですので、☆3は実質的に「悪い」と同等の価値となってしまうのです。

 

僕はこれはAmazonの評価方式において、改善すべき点と考えていますが

現状、この評価価値が採用されていますので十分に注意していかなければなりません。

 

ですので、Amazon販売においては、

お客様に満足をしていただく必要があるということです。

「普通だった」ではダメです!

 

お客様に「普通」ではなくて「良い」と感じていただく必要があります。

 

 

評価の考え方

 

評価は大事だし、☆3には注意だなと分かっていただけたと思いますが、

もう少しその考え方について解説していきます。

 

 

Amazonでの購入者は「必ず評価をしなければならない」というものではありません。

では、どのくらいの割合で購入者は出品者に対して「評価」をしてくれるのか?

これは、僕の実感ですが、おおよそ20件に1件くらいかなと思っています。

もちろん、人によって扱うジャンル・商品でこの割合は変わってくると思います。

 

僕は特に、「評価のお願いメール」というものは送っていません。

ですので、これはあくまでも購入者が自発的に評価をしてくれる割合です。

 

評価が少ない初期の段階では、この「評価のお願いメール」を購入してくれた方に

送ることもひとつの戦略だと思います。

ある程度の効果があるようですので、もし興味があれば実践するのも有効ですね。

 

それでも、急に評価は蓄積できません。

実直に、数を販売して少しずつ蓄えていきましょう。

真摯に誠実に販売を繰り返していけば、おのずと高い評価は蓄積されていきますから。

 

 

最後に

 

ヤフオクでは、相互評価方式を採用しています。

出品者も落札者もお互いを評価し合うという方式ですね。

この場合、相手に「悪い」評価をすると報復として「悪い」評価をし返される

ということが起こり得ます。

ですので、特に問題が無い場合はお互いに「非常に良い」の評価を付けますよね。

 

これに対して、Amazonは購入者が出品者を一方的に評価する方式です。

たとえ「悪い」評価をしても報復は無いわけですから、

問題があった場合は容赦なく「悪い」と評価されます。

その点は、しっかりと覚悟を持って出品していく必要があります。

 

 

 

今回の解説でAmazonの評価の重要性を感じていただけたと思います。

実際に僕も、自分の出品よりも安い出品者がいるにもかかわらず売れるということがよくあります。

現時点で、総評価数が1000を超えておりかつ「高い」評価が100%に近いということが要因だと思っています。

 

あまり、急がずに真摯に販売を続けて「良い」評価を高めていきましょう。

出品者としてプライドを持ってビジネスを行っていけば必ず良いリアクションが返ってきます。

自信を持ってせどりに取り組んでいきましょう!

 

 

 

 

もし、分からないことがあれば遠慮なくご質問下さい。

僕でお答えできることであれば力になります。

 

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓

  
       



 

LINE友だち登録はこちらです♪

お気軽にメッセージください(^_^)/

友だち追加