• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

 

ついに発売になったプレイステーションVRですが、

すごいことになっていますね。

定価は44980円(税抜)ですが、Amazonではこんなことになっています↓

プレーステーションVR

 

8万越えです!

 

やっぱり!という感じですが、でもでもすごいですね^^;

 

このプレイステーションVRにつられて相場が急上昇している商品があります。

モーションコントローラー

psvrmc

画像のように、プレイステーションVRをプレイするのに使うコントローラーです。

これは、少し前までブックオフで1950円で販売されていました。

今は少し販売価格が上がって2950円~3450円ですね。

この価格でも仕入れは十分に可能ですよね。

 

PlayStationMove 充電スタンド

これはモーションコントローラー用の充電器ですが、同様に急上昇していますね。

これも実店舗では1500円~2000円前後でよく販売されていました。

 

 

このように、話題になった商品が販売された際には、

その「関連商品」に目を向けると楽に利益をとれるので、

広~く商品を見てみましょう。

 

プレイステーションVRのこれからの仕入れは当分きびしそうですが、

モーションコントローラーや充電器はまだまだ売れ残りが

実店舗にあると思いますので探してみて下さい。

 

今日は今回のように、

価格が急上昇した商品に気付いた際の仕入れ方法を解説します。

 

「意識するか・しないか」で収益に大きな差がでますので、ぜひぜひご覧ください。

 

 

 

相場が急上昇した商品に気付いたときの行動

 

今回のモーションコントローラーやPlayStationMove 充電スタンドなどの

「商品の相場が急上昇した場合」に我々せどらーがとるべき行動は、

 

・自分の行動範囲内の商品をかき集める

・通常の行動範囲の「外」へ出て商品をかき集める

 

この2つです。

まずは「いつものルート内」、そして「ルートを広げる」です。

 

これが相場が上に動いた場合の、基本的な「初動」です。

先行利益を得るためにはより迅速な「初動」が重要です。

 

ここまでは、多くの人が実践していることですよね。

今回は次の一手を知ってほしいと思います。

 

 

 

急上昇商品をかき集めたその次は?

 

自分の行動範囲内の商品をかき集め「先行利益」を得たら、次にやるべきことは?

それは、

 

・新しく入荷してくる商品の確保

 

です。

 

価格対策の遅い店舗(ショップ)では、Amazonの相場が急上昇していても

買い取った商品を普段と同じような価格で販売します。

 

これを確保して利益を得ます。

 

どういうこと??となると思いますので、詳しく解説します。

 

 

 

実店舗の例でご説明します

 

(ハードオフ)

ハードオフは主に「時価」で値付けをします。

買い取ったタイミングの相場で販売価格を決めることが多いのです。

つまり、相場が急上昇した後に買い取った商品は「相場に合わせた高い価格」で

販売されている可能性が高いということです。

 

(ブックオフ)

ブックオフは一定周期で価格を見直します。

Amazonの相場が急上昇していても、価格改定の周期がおとずれなければ

相場が急上昇する前のままの価格で値付けをします。

つまり、「安い価格」で販売されている可能性が高いということです。

もちろん、価格見直しの周期がおとずれれば「相場に合わせた価格」に改定されていましますが、

その前に購入することができれば、、、ですよね。

 

上記のハードオフとブックオフはメジャーな実店舗の例でしたが、

これは、ほかの実店舗でもネットショップでも考え方は同じです。

 

普段から各店舗・ネットショップの「値付けの特徴」を把握しておけば

先行利益を得たあとにさらに「次の一手」が打てるのです。

 

 

 

先行利益の次の一手とは?

 

つまり、次の一手とは、

「価格対策の遅い店舗の新入荷商品を仕入れる」

ということです。

 

僕は、価格対策の遅い店舗やショップを中心に仕入れルートを周るようにしています。

そうすることで「安価で仕入れられる可能性」が高くなりますし、

より効率的に時間を使うことができます。

 

旬な商品・相場が急上昇した商品は、今現在の店舗にある商品をかき集めて満足!

ではなく、継続して利益を得る行動をとっていきましょう。

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

質問などありましたら、お気軽にご連絡ください(^_^)/

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓