動画100本にゲームせどりで稼ぐ知識をギュッと詰め込みました!

無料配布中のせどりの教科書「せどりディクショナリー」を確認する↓

せどり仕入れ「仕入れの手順を解説」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

 

今回は、せどりの仕入れ手順について解説していきます。

 

基本的な仕入れの流れをメインにお話しをします。

また、仕入れ先には

実店舗」と「ネットショップ(電脳)」の2種類がありますので、

 

個別に解説をすすめたいと思います。

 

 

動画でも解説していますのでこちらからご覧ください。

 

 

 

 

実店舗の商品仕入れ手順

まずは、実店舗での仕入れの流れを解説します。

 

 

①店舗へ行き商品を手に取り、商品のバーコードを探す

          ↓

②携帯電話の検索ツールでバーコードを読み取る

           ↓

③リサーチ時のランキングが仕入基準内であることを確認する

※ランキングが基準外であれば別の商品のリサーチへ

           ↓

④モノレートの平均ランキング・グラフを確認する

           ↓

⑤仕入基準内であることを確認する

           ↓

⑥販売価格とAmazonでの予想販売価格を確認する

           ↓

⑦利益額・利益率から仕入れるか仕入れないかの判断をする

 

 

このような流れで、リサーチ~仕入れを行っていきます。

 

 

 

ネットショップ(電脳)の商品仕入れ手順

次に、ネットショップ(電脳)での仕入れの流れを解説します。

「電脳の仕入は難しい」と思われるかもしれませんが、

基本的な考え方・流れは実店舗仕入れと同じです。

 

 

①販売されている商品の「商品名」「JANコード」を調べる

           ↓

②Amazn内で、その時のランキングを調べる

           ↓

③リサーチ時のランキングが仕入基準内であることを確認する

※ランキングが基準外であれば別の商品のリサーチへ

           ↓

④モノレートの平均ランキング・グラフを確認する

           ↓

⑤仕入基準内であることを確認する

           ↓

⑥販売価格とAmazonでの予想販売価格を確認する

           ↓

⑦利益額・利益率から仕入れるか仕入れないかの判断をする

 

これがネットショップ(電脳)仕入れの基本的な流れです。

この流れで仕入れをすすめます。

 

ネットショップ(電脳)仕入れでは、ツールや拡張機能などを使用し、効率化を図ることが可能です。

しかし、あくまでも基本的な仕入れの流れは実店舗仕入れと同じだと考えてほしいと思います。

 

 

 

商品仕入手順まとめ

 

・店舗でも電脳でも仕入の流れ・考え方は同じ

・携帯ツールを使うか、PC上でリサーチをするかの違いだけ

・ランキングが基準内かの判断

  →モノレートで確認→購入価格と販売価格から仕入を判断する

・一連の流れをスムーズに行えるように、数をこなし経験値を上げる

 

せどりでもっとも基礎的であり、それと同時にもっとも重要な「仕入れ」です。

今回は、その基本的な流れを解説しました。

これらの一連の流れが、自然と、スピーディーに行えるように

仕入れ(リサーチ)を繰り返してください。

数をこなして、体と頭にすりこんでいきましょう。

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

疑問や分からないことがあれば、ご質問ください。

 

 



↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓

  
       



 

LINE友だち登録はこちらです♪

お気軽にメッセージください(^_^)/

友だち追加