• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

先日から2回にわたって「リサーチアプリを使っての仕入れのやり方」を解説してきました。

 

リサーチアプリを使って、商品を読み込み

      ↓

商品のデータを調べて

       ↓

仕入れる・仕入れないの判断をする

       ↓

何商品も繰り返しリサーチをする

 

という基本的な、店舗でのリサーチのやり方をお話ししました。

 

せどりを始めた初期の段階や、新しいジャンルに取り組みはじめた段階では、

とにかく多くの商品をリサーチする必要があります。

 

リサーチをしながら、商品知識をつけていくことが結局は稼ぐための

近道になると思い、どんどんリサーチをしていきましょう。

 

今回はさらに、

リサーチの際に意識するべきこと

について解説をしていきたいと思います。

 

僕がリサーチ・仕入れの際に特に意識していることをお話ししていきます。

 

 

 

リサーチの時に信じるものは?

 

せどりは、ほとんどの方が「個人」でやっていると思います。

すべて自分で判断をして、自分で責任をとらなければなりません。

 

組織とは違い、

 

・判断をしてくれる上司はいない

・責任を取ってくれる会社はない

・自分自身の資金ですすめる

 

そういったビジネスです。

自分以外に頼る人がいないなかで、なにを指針にすればよいのか。

僕はそれは、、、

 

「データ」

 

だと思っています。

この「データ」を道しるべにすすめていかなければなりません。

 

もっとも直接的な「データ」が

・Amazon商品ページ

・モノレート

数値・グラフですよね。

 

まずはこのデータを正しく読み取って、分析・判断できるスキルが必要になります。

日々のリサーチの中で、このスキルは確実に向上します。

じっくりと、「データ」を使いこなせるようにリサーチをしながら訓練をしていきましょう!

 

 

 

データと仕入れる理由(根拠)

 

Amazon商品ページやモノレートなどから

・ランキング

・出品者数

・価格の変動

などの「データ」を読むことができます。

 

これらを駆使して、

仕入れの際には、必ず「仕入れる根拠」を考えてみましょう。

 

僕はリサーチをする際には毎回、

 

「なぜこの商品を仕入れるのか?」

 

と、自分に問いかけるようにしています。

 

・利益額が自分の仕入れ基準内だから

・ランキングが仕入れ対象内だから

・利益率と回転率の総合的判断

 

ほとんどの場合で、このような「仕入れ根拠」になるかと思います。

このように、

根拠を明確にすることで、データの分析の質が高まっていきます。

 

上記のような根拠のほかにも、

 

・なんとなく売れそう

 

と考えて、仕入れをしたと仮定します。

 

「なんとなく」仕入れ・販売をしてみて成功すれば、

 

・そのジャンルの系統での自分の「勘」は当たる

 

という、ひとつのデータになります。

もし、販売が失敗だったなら

 

・そのジャンルの系統での自分の勘は外れる

 

というデータを収集でき、次回からは勘以外の要素を判断材料にしなければと、

学びが生まれます。

 

上記は極端な例ですが、リサーチの際には、

 

・根拠を考えるクセをつける

・データ化して蓄積するクセをつける

 

ことが重要だと思います。

 

このようなデータや根拠を、いかに自分の中に蓄積できたかで

せどりの利益は向上していきます。

 

データ量=せどりの引き出しの多さ

データの分析力=せどりの収益向上

 

につながります。

 

自分以外で頼る存在がいない、せどりビジネスですので、

「信じるもの」をしっかりと意識していきましょう。

リサーチにおいては、それが「データ」です。

 

まずは、「せどりすと」や「せどろいど」でデータを読み取り

・価格

・ランキング

・出品者数

などの基本的な「データ」を正しく分析・判断できるように努めてください。

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

もし分からないことや疑問がありましたら、

問い合わせからご質問ください。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓