• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、ヤフオクの評価・評価依頼の手順について解説します。

 

動画でも解説をしていますのでご覧ください↓

 

ヤフオクの評価

 

出品者・落札者がお互いに評価をする

評価は「非常に良い」「良い」「悪い」「非常に悪い」の4パターンです。

基本的に、問題が無ければ「非常に良い」で

お互いを評価し合います。

この評価ですが、あとから変更することができます。

しかし、変更前の評価と評価コメントは履歴として残ってしまいますので

評価をする際は慎重に行いましょう。

 

 

ヤフオクにおいて評価は重要な要素

総合評価=信頼を図る基準です。

また、総合評価での入札制限などもあります。

安心して入札してもらうために、良い評価を蓄える必要があります。

入札数・落札額にも影響がありますので、悪い評価をされることは

極力避けるように努めましょう。

 

落札者への評価の方法

 

ヤフオクページ→マイページ→出品終了分→当該の商品

を選択します。

当該商品の「評価」をクリックします。

 

1

評価を選択します。

※取引に特に問題が無ければ「非常に良い」を選択します。

この際、「コメント」を入力してください。

「定型コメントを入力」をクリックすると自動的にコメントが入力されます。

 

 

落札者への評価依頼

 

取引終了時には落札者へも評価の入力をお願いし「良い」評価の蓄積に努めましょう。

ここでは、評価依頼の方法を解説します。

2

例文を参考に評価依頼をしてください。

前述したとおり、ヤフオクは相互評価方式ですので依頼をすれば、

評価をしてくれる確率は高いです。

 

 

評価変更依頼の方法

 

もし悪い評価をされてしまった場合は、評価変更のお願いをしてみましょう。

こちらに落ち度があった場合は満足していただける対応をします。

対応については、個々の場合で変わってきますので落札者と相談しながら

対応してください。

運営者(Yahoo!JAPAN)に評価の削除依頼をしてもほとんどの場合、

削除はされません。

※評価のコメント内に個人情報が記載されているなどの特別な場合は除く

出品者・落札者で解決してくださいというのが運営者側のスタンスです。

そのことを踏まえ、問題解決に努めましょう。

 

 

評価・評価依頼まとめ

3

ヤフオクにおいても、評価は重要な要素になってきます。

なるべく悪い評価をされないよう努めていく必要があります。

相互評価方式ですので、普通の対応をすれば「良い」評価をもらえるはずですので

丁寧な対応を心掛けていきましょう。

また、こちらから評価をすることも重要です。

 

もし「評価不要」との連絡があった場合は、評価をすることは控えましょう。

まれに、「評価不要」と言う落札者もいらっしゃいます。

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

分からないことや知りたいことがありましたら、ご連絡ください。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓