• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、

ヤフオク出品の落札~取引連絡までの流れ

について解説します。

 

ヤフオク販売で、商品が落札された後にどのような手順で落札者と連絡をとればよいのか

その基本的な流れの解説となりますので、商品が落札された際には参考としてください。

 

 

動画でも解説をしていますのでご覧ください↓


 

取引連絡の種類

 

1

取引連絡の種類は出品者・落札者ともに4種類です。

この4種類から選択し、お互いに連絡を取り合います。

基本的に①~③を選択しますが、そのどれにもあてはまらない場合は

④その他を選択して連絡をします。

 

 

 

取引連絡の流れ

 

2

画像は取引連絡の流れのイメージ図です。

 

①落札者への最初の連絡

商品が落札されたら、まずは出品者から連絡をします。

(連絡内容)

・落札価格:落札された価格を記載する

・発送方法:対応可能な発送方法を記載する

・支払方法:対応可能な支払方法を記載する

・落札者情報の取得:住所、氏名、連絡先などを教えてもらう

・出品者情報の提示:住所、氏名、連絡先などを記載する

ここでは「連絡先、支払、発送などについて」で連絡をします。

 

 

②代金の連絡

落札者から落札者情報、支払方法、発送方法の連絡が届いたら代金の連絡を行います。

(連絡内容)

・落札者に選択してもらった発送方法での配送料金を提示する

・合計金額(落札代金+配送料)を提示する

・銀行振込の場合、振込先を提示する

ここでは「連絡先、支払、発送などについて」で連絡をします。

 

 

③入金確認の連絡

支払い(入金)の確認がとれたら、入金確認が完了した旨を連絡します。

(連絡内容)

・入金確認が完了した旨を記載する

・これから発送手配をする旨を連絡する

・配送手配が完了するまでにかかる時間・日数を記載する

ここでは「入金が完了しました」で連絡を行います。

 

 

④発送完了の連絡

配送手配が完了したら、その旨を連絡します。

(連絡内容)

・配送会社、配送方法、追跡番号を記載する

・「商品が届いたら評価にて連絡をください」と明記する

ここでは「商品を発送しました」で連絡をします。

この後、商品が落札者の手元に届き、評価から連絡をもらい

落札者を評価すれば取引完了です。

この際、問題が無ければ先に落札者を評価してもよいと思います。

 

 

 

取引連絡まとめ

 

3

 

取引連絡の内容は定型文をあらかじめ用意し、テンプレート化しておきましょう。

テンプレートを使用することで効率化が図れます。

 

そして、なるべく多くの情報を1度の連絡に詰め込むことで、スムーズな取引とすることができます。

 

また、連絡をしなかったり遅くなったりすると、クレームの原因となりますので

迅速かつ丁寧な連絡を心掛けていきましょう。

 

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

分からないことや知りたいことがありましたら、ご連絡ください。

 

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓