• このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!はやてです。

今回は、ヤフオク出品の写真撮影について解説します。

 

 

動画でも解説をしていますのでご覧ください↓

 

商品説明文

 

入札者は商品説明文を見て入札の判断をする

タイトルで検索→写真で確認→商品説明文で判断→入札

という流れで、入札者は判断をします。

できるかぎり多くの情報、できること・できないことを商品説明文に記載しましょう。

この際、欠点(キズ・汚れなど)がある場合は、

あらかじめ記入しておくことで落札後のトラブルを回避しましょう。

 

 

商品説明文で出品者が分かる

丁寧な説明文=誠実な出品者

入札者に安心して入札してもらえるよう配慮する必要があります。

 

 

 

商品説明文の記入事項

 

商品説明文に記入しておくべき事項の解説です。

以下の事項を記入していってください。

 

基本情報→品名、メーカー名、色、サイズ、素材、定価など

商品状態→新品・中古品。動作の状況など

付属品→説明書、外箱の有無など

良い点・悪い点→キズ、汚れ、外装の痛みなど

決済方法→対応する金融機関名とかんたん決済の対応が可能か

発送方法と送料→宅急便、メール便など

対応できる時間・曜日→問い合わせや発送に対応できる時間など

 

これらをできるかぎり詳しく・見やすく記載しましょう。

 

 

 

商品説明文の記載例

 

商品説明文にあらかじめコメントを記入し、トラブル回避・安心して入札もらうことに努めて下さい。

 

コメントを記載し、トラブルを回避する

→ノークレーム(NC)、ノーリターン(NR)でお願いします。

→画像と実物の色調がちがう場合があることを記載する

(記載例)

掲載しました画像は、実際の出品物を撮影したものですが

撮影状態などにより、実部ぬの色調との相違がある場合があります。

NC・NRでお願いします。

 

 

質問を受け付けることを記載する

→画像・説明文で判断できない点は質問をしてもらう

(記載例)

ご質問やご要望等がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

商品説明文まとめ

 

1

 

ヤフオクにおいて、入札者は商品写真とならび説明文を見て判断をします。

必要な情報を丁寧に記載して、入札者に安心して入札してもらえるよう努めましょう。

また、NCNRなどのコメントを添え落札後のトラブルを避ける工夫も行ってください。

 

 

では、今回も最後までご覧いただきありがとうございます。

分からないことや知りたいことがありましたら、ご連絡ください。

 

↓せどりディクショナリーの詳細↓ 画像名前

メルマガ登録でせどりの教科書「せどりディクショナリー」をゲットする↓